Spectre ai(スペクター)

Spectre.ai(スペクター)世界初のブローカーなしのバイナリーオプションプラットフォーム

 

 

FXやバイナリーオプションを取引するためには、金融市場に何千とあるブローカーの中から自分で決めたブローカーのサービスを利用する必要があります。

銀行などの特定の金融機関は、仲介業者としての役割を果たします、顧客は取引のガイドラインを理解し、代理店はそこから顧客を取得します。プロフェッショナルな代理店を通じて金融市場で取引を行うことは安心で安全に思えるかもしれませんが、財務的にそうであるとは限りません。

なぜかというと、通常は、口座への最低入金額、入出金手数料、ブローカーが課金する手数料などがあります。現在日本国内にあるFX、バイナリーオプションもこれに当てはまります。これらは健全な運営をしていく為には致し方ない事なのかもしれません。しかし、仲介者無しに金融市場に参入できれば最善ではないでしょうか?FX,バイナリーオプションで仲介者、ブローカー無しで取引できるプラットフォームがあれば良いと思いませんか?

世界初、ブローカーレスのプラットフォームであるSpectre.ai(スペクター)をご紹介します。

Spectre.ai(スペクター)とは

Spectre(Speculative Tokenized Trading Exchangeの略)はEthereum(イーサリアム)ベースのブローカーレス金融取引プラットフォームです。

このプラットフォームは、Ethereumブロックチェーン技術を駆使して、デジタル/バイナリ取引、外国為替、CFD、暗号通貨取引などのさまざまな資産取引オプションと組み合わせています。Spectre.aiは他の取引プラットフォームやシグナルプロバイダーよりもはるかに優れています。最先端のブロックチェーンを用いたシステムと同様、Spectre.aiは私たちが知っている金融市場に革命をもたらそうとしている。

Spectre.aiプラットフォームが最も特徴的なのはブローカーが存在しないということです。システムが独自のブローカーとしての機能を果たし、金融市場と直接取引することを可能にするため、ブローカーは必要ありません。このシステムは、ブローカーの役割を排除するだけではなく、現在までのブローカーで顧客の脳裏にに付きまとっていた詐欺被害を起こさなくするためにいくつかの新しい機能を備えています。

Spectre.aiでブローカーを例えるとプラットフォームのトークン販売に参加した投資家が所有する分散型管理のリクイディティープールに置き換えられます。新たなレベルの透明性と分散型管理のリクイディティープールにより、Specterは金融サービス業界に革命的な変化をもたらしています。当ページ作成時点で5763ETHがプール金として預けられています。

現在の金融市場の問題点

金融市場の世界は、ブローカーから生じる問題に悩まされています。法的問題と、それを受け入れられないブローカーとの間には隔たりがあり、これらのブローカーは依然として間違った側にあります。

レートの操作から、トレーダーによる口座からの資金の引き出し拒否、ブローカー側の理由で利益を禁止することにより、ブローカーは顧客の財務を崩壊させる主な理由を生んでいると考えられます。

顧客が出金をすることをあれやこれやと理由をつけて拒否するブローカーの報告が少なくありません。市場価格の操作は、ブローカーの利益拡大に繋がります。それが問題ではないかのように、ブローカーは回答します。時には音信不通に。

何が起こっているのかを理解するために、問題を詳しく調べる必要はありません。顧客が失う金額が多いほど、ブローカーにとっては有益になるのですから・・・。

顧客を欺くためにシステムから取り出されたブローカーのいくつかの例があります。 バイナリーオプションブローカーBanc de BinaryとFXCM、Tradorax、は有名な例です。他にも数え上げればきりがない・・・。私自身も大金を失った。

これらのブローカーが世から消える頃には、それらに関わるトレーダーはすでにかなりの金額を失ってしまっていたであろう。

Spectre.ai(スペクター)はこの問題にどのように取り組んでいくか?

Spectreシステムにおけるブローカーの役割は、顧客の取引をカバーする資金のプール(大きなプールに投資家が投資したお金をトークンとして保管している)である分散型管理の自動リクイディティープール(DALP)に置き換えられます。

流動性プールは、ICOからの資金によって運営されているため、「トークン化」されています。これが「流動性プール」の仕組みです。

顧客が取引するときに、取引金額と取引が行われる期間を指定します。市場で売買された後の取引期間終了時点で、顧客の損益が決まります。システムによって利用される価格変動は、頻繁に監査され信頼される情報源からもたらされ、市場価格操作の余地はない。

流動性プールは、市場を人間が操作する可能性を排除して万人に公平な取引を可能にする、検証可能で監査可能なスマートな契約によって強化されています。

Spectreと取引する場合、取引が完了するまで、実際の金銭の交換はありません。

顧客が利益を上げると、お金は顧客のETHウォレットに入金され、損失が発生すると、赤字は口座からリクイディティープールへと引き落とされます。基本的には、Spectreが保有する顧客のお金はありません。すべてのお金はリクイディティープール(DALP)へと預けられます。Spectre(スペクター)は取引ごとに一定数の手数料を受け取るだけです。

トークン保有の投資家は、取引が行われるたびに配当を得る、つまり、取引量(すべての取引、損失または賞金)に基づいてスペクターの手数料が生成されます。オンライン取引市場は収益性の高い市場であり、FX市場は毎年81兆ドル以上の取引高があります。Spectreは確立される一定数の手数料以上のことをする必要はありません。

Spectre.ai(スペクター)のメリット

•ブローカーレス
ブローカーが存在しない、誰もがSpectreで満足できる機能です。ブローカーは高価であり、詐欺になる可能性があり、利害の対立が生じる可能性があります。

Ethereumブロックチェーンの導入で安全なスマートコントラクトのSpectreソフトウェアにより、トレーダーは他のトレーダーやSpecterのDALPと直接取引することができます。スマートコントラクトは払い戻しと預入をコントロールするため、システムは可能な限り透明で詐欺のないものとなります。

•預金
Spectreでは、顧客がMetaMaskのEthereumウォレットをプラットフォームに接続することができます。

プラットフォームから、MetaMaskに資金が入金されるか、資金が引き落とされるか、プラットフォーム上の安全なポータルを経由します。顧客はSpectre(スペクター)の口座にお金を入金する必要はなく、資金がSpectre(スペクター)によって保持されることもありません。

アカウントマネージャー、営業担当者などはいません。海外バイナリー業者に多くみられる英語での電話がかかってくる心配もありません。ニュースレターを受け取らない設定にすればメールすら来ません。

トレーダーのみが資金にアクセスできるため、ユーザーはプラットフォームによって不正行為を心配する必要はありません。

• 検証
ブロックチェーンテクノロジの技術により、すべてのトランザクションがデジタルデータベースに記録される前に検証され、認証されます。

検証は、全世界のノード(コンピュータ)のネットワークが業者の口座へ入出金を確認する検証プロセスによって有効になります。

• 流動性プール
流動性プールは、トークンセールからクラウドソースされ、ICO投資家が所有するファンドによって資金提供され、トレーダーは、流動性プールに対して、または互いに取引することができる。この流動性は、トレーダーの投資を保護します。

その結果、何万人のトレーダーがいる場合でも、一人のトレーダーしかいない場合でも、あらゆる投資が保証されます。さらに、正当な取引だけが流動性プールからの入出金をすることができます。

• トレード可能資産(2019年中にすべての取引が可能になる予定)
CFD、FX、ETF、株式など幅広い資産を24時間いつでもプラットフォーム上でトレードすることができます。

• スマートオプション
スペクターはトレーダーがSmart Optionsを取引することを可能にし、支払額は75〜90%と高くなります。

• スマートなCFD (2019年中にすべての取引が可能になる予定)
流動性プールが分散化されているため、トレーダーはスマートオプションのような任意の時間枠を気にせずに多種多様なCFDに投資することができます。ここでは、トレーダーは、資産を取引する前にストップ・ロスと利益水準を設定することもできます。

• A-Book Trading (2019年中にすべての取引が可能になる予定)
ここでは、トレーダーは株式、資産、および外国為替の間で取引することができます。Spectreの他の2つのトレーディングモデルとは異なり、A-book取引は規制され、プラットフォーム上の決済通貨の使用を可能にするよう集中化されています。

Spectre.ai 金融ライセンス

Spectreはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)の金融ライセンスを保有しています。

【こちら】をクリックするとVFSCのライセンス企業リストが見られます。

SpectreはNo.118です。

Spectre.ai(スペクター)トークン

Spectreは、2種類の異なるタイプのトークンを発行します。

(SXDT)およびユーティリティー・トークン(SXUT)が含まれます。2種類のトークンを持つことの本質は、投資家がSpectreに投資する方法を選択できるようにすることです。

一部の投資家は利回りを上回る流動性を好むかもしれないが、他の投資家はより価値の高い利回りのトークンを好む。いずれにしても、すべての投資家のニーズに応えるべくダブルトークンシステムを採用している。

ユーティリティトークン(SXUT)

SXUTは、他のネイティブトークンにも似た機能を持つ通常のトークンです。これは、ユーザーが取引所で別のトークンを購入したり交換したりできるSpectreトークンです。

 自身のイーサリアムウオレットにこのトークンを保有している顧客は、 高いペイアウト、多種のアセットクラスへのアクセス、高額 取引などの特権が得られ、高利益の 可能性を高めます。

配当トークン(SXDT)

配当トークンは、報酬トークンと呼ばれることもあります。SpectreはSXDT保有者に毎月末に2%の配当を支払っています。この2%は、プラットフォーム上で実行される各取引から発生した手数料からのものです。したがって、Spectreでの取引が多いほど、配当トークン所有者の配当支払いが増えることを意味します。会計年度の終わりに、SXDTが一定の金額に達すると、配当トークン所有者は年度末のボーナスの形で特別配当を受ける。この報酬制度のために、エクスチェンジの収益性はSXUT保有者よりもSXDT保有者にとってはるかに有益です。

スペクタートークンのICO

SpectreはICOを成功させました。トークンの販売は、2017年9月11日に3,000万ドルのハードキャップで初めて発表されました。トークンの販売のために合計2億4000万のトークンが発行されました。前売は2017年10月27日に正式に開始され、2017年11月5日に終了した。トークンは33%のボーナス付きで$ 0.11で販売され、前売り終了時には660万ドル以上が実現しました。

主要クラウドセールは2017年11月17日に始まり、2017年12月10日までの3週間が予定されていました。プレセールには最低1 ETHの縛りがあり、トークンの価格は0.22ドルで、最初の週には11%のボーナスが付いていました。トークンの売却の終わりに、1,650万ドル以上が調達されました。

更新日:

Copyright© NO More SCAM 海外バイナリーオプション , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.